海外のATMにて現地通貨の調達は可能

014カードは、よくatmで使用されています。キャッシュカードなどは代表例です。

お財布の中の現金が少なくなったので、コンビニ設置のatmにてキャッシュカードで引き出しをしている方々も、よく見かけます。

そうかと思えば、カードローンもあります。何かの理由でお金を借りる必要性が生じたので、そのコンビニの機器で借り入れの手続きが行われる事も、たまにある訳です。

借り入れだけでなく、返済もatmで手続き可能です。ところで買い物では、デビットカードが活用される事もたまにあります。デビッドカードによっては、所定のポイントやキャッシュバックなどが発生しますし、買い物目的で活用している方々も多いです。

それでデビットのカードは、買い物時に銀行口座から引き落としされる訳です。例えばコンビニにて500円の買い物をした時には、銀行口座から自動的に出金される事になります。

クレジットカードと違って、銀行からお金を借りる訳でもありません。それで銀行口座と連動しているなら、キャッシュカードのような使い方が想起される事もあります。

つまりデビットのカードをATMに挿入した上で、出金手続きをするという発想が浮上する訳です。ではデビットのカードですと、キャッシュカードのような引き出しは可能かと言われれば、カード次第ではあります。少なくとも、海外の場合は問題ありません。

http://xn--t8j4aa4nyh9e1ajk0h8v.net/

そもそもデビットのカードは、海外旅行で活用される事もよくあります。アメリカ旅行に行く方々も大変多いですが、現地通貨を調達したいというニーズも生じる事はあります。

なぜならアメリカでは、日本円は使用できません。あくまでもアメリカのドルだけで、現地での買い物が可能だからです。したがってアメリカにて買い物をしたい時には、現地通貨を調達しておく必要があります。ところで海外には、上記のATM機器は多く設置されています。

そのATMを使用して、現地通貨を調達する事自体は可能です。操作方法も特に難しい事はなく、ATMの所定箇所にカードを挿入し、ドルを引き出す事になります。

ちなみに日本のキャッシュカードですと、海外での現地通貨の引き出しには活用できません。デビットのカードですと、それは特に問題ない訳です。このカードの大きな特徴の1つなのは、間違いありません。

キャッシュカードと一体型なら出金などは可能

015しかし人によっては、そもそも海外旅行に行かない事もあります。日本国内から1回も海外に行った事が無い方々も、世間には大勢居る訳です。

その状況ですと、むしろ日本国内でのATM引き出しの方が気になる事もあります。デビットカードを使用して、コンビニのATMの機械でお金を引き出したいというニーズも、しばしば生じる訳です。

デビットの場合は、カードに左右される傾向があります。そもそもデビットといっても、様々な種類が存在する訳です。キャッシュカードと一体型になっているタイプもあれば、それとは独立したタイプも存在します。

それで前者のキャッシュカードと一体のタイプでしたら、ATMにて引き出し手続きをする事は可能です。キャッシュカードの機能自体が備わっている訳ですから、ATMでの手続きも行える訳です。

逆にデビットの機能だけに限定されているカードですと、ATMにて日本円の引き出し手続きは困難という事になります。デビットに限定されているカードの場合は、あくまでもショッピング機能に限定されます。銀行の入出金で使用する事はできませんから、注意が必要です。

ATMで出金しても融資が行われる訳ではない

016ところでデビットカードは、一応はクレジット払いにはなります。それでクレジットという名称を耳にしますと、キャッシングのようなイメージを描く方々も、少なくありません。

確かにクレジットカードの場合は、ATMでお金を引き出す時には、金融業者からお金を借りる事にはなります。カードローンなども同様です。そのイメージが強い方々は、デビットのカードでもお金を借りる事になるのかと、たまに心配しています。そうではありません。

上述の通り、キャッシュカードと一体になっている訳であり、クレジットカードではありません。通常のキャッシュカードでしたら、ATMにて出金をする際には、特に銀行からお金を借りる訳でもないです。

あくまでも、銀行口座から引き出し手続きをする事になります。確かにデビットのカードは、クレジット払いに関する機能は完備されています。

しかしクレジット払いと言っても、色々な種類がある訳です。少なくともデビットのクレジット払いの場合は、別にカード会社からお金を借りる訳ではありません。

したがってATMにて引き出し手続きを行ったところで、金融業者から融資が実行される事はまずありません。この辺りは誤解が生じがちですから、注意が必要です。融資というより、通常のキャッシュカードをイメージしておく方が、分かりやすいです。